« チケットデザインや他の使用についてとりまとめ | トップページ | やくざなやつ »

2017年12月27日 (水)

演奏会感想(2017(追記あり

 書きました。詳細は続きから。

 * 録音係資料暫定追加↓↓↓

 とりあえず最初の印象、看板のLED照明、クリップ外れてプラプラしてたから、もうちょっとなんとか、とは思ったけど、そもそもあの柱の所に設置OK出たんだったら、今年は照明バーはいらなかったのかもという気もする、と思いながら会場入り。

 *早めに行ったので、開場時間(16:30、日没時間近く)くらいに照明がどうなってたかの確認はしてないです。誰か受付さん見てもらえたかしら。
 (このあたりも、受付の動ける人が時間直前に確認を担当した方がよいと思う)

 (立て看の照明バーについては、今後、照明のない場所に立てさせられる時の対策、程度かな)

 *立て看板については、コメント参照(記事最下部)。今後変更があるかもらしいです。

 演奏会、全体的に演奏の内容はよかった。一年生もしっかり音出してたし。来年も楽しみです。

 

① つち人形

 一年生で、夏合宿の時は成果発表で心配になるくらい緊張していたので、本番はどうかなと思っていたのですが、しっかりと弾けていました。

 この曲は、いろんな技法が次々出てきて、どれもが基本的なものばかり、初心者向けとはいえ、総合力が問われるような曲。でも技法に振り回された感はなく、初々しいながらも華やかな開幕になりました。

 一年生が苦手にしやすいトレモロも、割と安定して、振りも荒くなく、一定に振れていたし、シャシャテンも、手つきがきれいでした。
 押しは少し自信があるところないところが音に出ていたけど、それはまだこれからかな。
 グリッサンドも華やかで響も綺麗。(パートごとの響きの残り方まで気にする余裕はないかもだけど、そこにも気を配る余裕があったら、もっともっとそろって聞こえたと思う。(今後の課題、一年生でそこまではw

 全体的に、音に芯がなく音質が弱音ほど悪くなる傾向。
 「楽器のせい」と言ってしまっては今後の成長に支障が出るから、あえて楽器がオンボロだからとは言わないことにするw。
 これは基礎ができてくる二年目くらいまでは仕方がないけど、そのあたりから意識すれば、改善するのに時間はかからないから(音質に気を配っていればですが)、今後は練習の時にきれいな音、きれいな弱音の練習をしていってほしいな。

 

 * 弱い音
 …と言いがちだけど、本当は「密やかさ、静けさ、忍びやかさ、を、凝集した音。密度を薄めるような感覚で弾いてしまっては、pppの表現にはなっていないしそうは聞こえないと思う。

 ↑弾く時の手の感覚は、①聴かせるpの場合は、爪の先に集中して研ぎ澄ませて細くしっかりめに力を入れる感じだったような気がする(すでに気がするレベルでしか言えないけどw
 メインパート、強音よりも、弱音の方が、繊細な神経がいるのは間違いない。あと、指の力がないとコントロールが難しくなる。なので、弾きづらいと感じたら、指トレするといいかも;
 ②聞こえなくてもいいpの場合は、また違って、メインパートよりも丸めの音でとか、伴奏の雰囲気に合わせての弾き分けができたらいいな。

 

 ラストの一音の演出は、強弱が逆なのは惜しかった。
 ヒ→ジャン♪ は、一続きなんですね。なので、フレーズのトップがヒ、下がる曲線に続いてのオチとしてのジャン、となるのだけど、ヒよりもジャンが突出して強く出てしまった。
 こういった曲の構成というか、音のつながりとか関係性を読み解けるようになると、違和感のある演出を避けられるので、読譜のスキルも上げていってほしいな。

 

② 円転

 三絃、さすがに三年生だけあって、出だしは堂々と、華やか。
 一年生は少し緊張していたか。思い切りがあるとよかったな。

 曲中、自信のあるところ、ないところがよくわかってしまうのが。多分本人もどことわかってるとは思うけど、そこをどう音に出さないか?というのも、テクニックですので、今後の課題かな。

 全体的に、どこを見せたいのか、曲としてのメリハリ、見せ場、落とし所、そういう区分けが見えないままわりと一定に推移していったのは、少し残念でした。
 もうちょっと演出の力を借りてもよかったのではないかな。
 曲自体の変化は感じ取れても、奏者の曲に対する気持ちの変化・アプローチの仕方等は、少し見えづらかった。もう少し、「演奏の”演”の部分」があると、もっと映えたかもしれないな。

 でもこの曲は、すごく三絃の面白さを見せてくれるなと。
 高音のツボのキリキリした張り詰めた音も、低音の伸びのある響きも、いろんな音が楽しめました、お客さんも色んな音に触れることができてよかったのでは。

 暗譜すごい。 …と書いてしまったけど。
 暗譜と聞いていたから暗譜だと思ってたけど、私最前列に座ってしまったせいで、目を合わせたくなかったからずっと下を向いていたんですよね。w 暗譜じゃなかったらしい。

③ 五重奏曲 魁

 アナウンスさんの原稿チェックはしてなかったのかな。。。「キクシゲ」 のイントネーションが不思議な感じになってしまってたw

 出だし綺麗。二箏の全押さえ、緊張すると押さえの手が滑るのあるよね頑張った。

 他、崩れそうになることがあっても踏ん張れるのは、さすが上級生が引っ張るだけありました。

 この曲は、特に一箏と二箏の息の合い方に素晴らしいものがあり、合爪の和音の揃い方が殊に切れ味があって、ぞくっとするほど気持ちよかったです。
 パート間の次々とさざなみのように渡っていく掛け合いも、強弱が波のようで、美しく、聞き入ってしまったし。

 アッチェレランドもかっこよかった。

 拍手が二回起こったのは、ここ10年ほどの中でも珍しい、まさに珍事でしたが、それは私にもよくわかりました、素晴らしかった。

 ちょっと私の位置からは確認がしづらかったのですが、箏の向きが微妙?で違和感が。
 向きが違うと、たまにですけど、立奏台の反響版の斜めの板の光り具合が違うんですよね。照明の反射がかなり。
 そこだけちょっと見た目気になりました。

 

④尺八二重奏曲 第二番

 尺の柔らかい音が心地いい。

 ただ、その中で高音になると、急に金属的なとがった音が出てしまって、柔らかさがなくなってしまってたのはもったいなかった。

 あと、一年生にはまだ難しいところだとは思うけど、不協和音が出てしまった時の音の調整、リカバリーとしてどうする・どうやるかも、今後の課題になるかもしれないなと。

 この曲は以前から何度か聴いているのですが、今回はそこまで濃いめの味付けではなくてナチュラルだったかな。
まぁどんな演出でも、面白くて好きですけども。その時々で、やはりちがう個性があるなと。

 そういうところも楽しめるのが、何回も経験してるとおいしいですよね(私がw

 

⑤木もれび ~光と波と~

 暗譜でびっくり。

 pの時のフレーズの形、コントロールが微妙で放しのハの音が沈んでしまったか。聞き取りにくかった。
 でも普通に弾いた時は、きちんと形を取れていたので、そこは大丈夫でした。

 十七絃、何度か袖を気にしていました。十七絃は手を伸ばしたとき袖が触りやすいんだよね。
 リハの時に、十七絃さんは十七絃基準で袖を留めてしまうのがいいかもしれない、箏の時はそれで困らないはずなので。

 ユリがはいっているのは、さすが上級生って感じでよかったです。
 欲を言えば、パートごとで揺らし具合が違っていたので、そこまで統一できるとさらにレベルが上がったと思います。(微妙に不協和音になった時があった

 音がきれいなのももちろんでしたけど、この曲で一番だったのは、「間」。今回の演奏会で唯一といってもいい、「間」の美しさ、それが絶妙な場面があり、息を飲む瞬間がありました。
 *「間」、というと分からないかもしれないので補足というか。
 私がここで言うのは、単なる「間=あいだ=音の隙間」ではないです。
 放り投げたボールの軌跡の中の、放物線のトップ、一瞬だけ重力と均衡して浮いた感じになる、”動いてるけど止まって見える”瞬間に、感覚としては近いかな。
 一瞬手が止まって空間があくんだけど、曲としては全く止まっていない。という。
 ここ、下手をするとブツ切れになってしまって、疾走感がなくなったり雰囲気が壊れたり、お客さんの聴く気が失せたりしちゃうから、「つなげる」というのの難しいところだと思うの

 夏合宿で吉崎曲の研究をしてほしいと言ったのですが、演奏会ではその”らしさ”がよく出ていて、そういうところもよかったです。
 リズムの取り方、フレーズのバリエーションの見せ方、次への受け渡し、ころころ変わる場面をつなぎながらも、過不足のないメリハリのある流れ。
 とてもよかった。

 全体的に、気持ちがよくそろっていて、勢いがあって、スピード感があるけどお客さんを置いてきぼりにはしない、真摯で、聴きごたえのある一曲でした。

 

⑥海鳥の詩

 個々の技術の安定度はさすがにOB。

 合奏の時間があまり取れていないとは思うけど、それでも曲のいいところを引き出すとか、パートの見せ場をしっかり出すとか、他のメンバーの見せ場を支えるとか、やり方を心得ているなと思いました。

 ズレてても「ズレてませんよ〜」って見せられるのも、テクニックですよねー押し通せる強さ。これ大事。

 この曲も好きな曲なので、聞けてよかったなーと思いました。

 どの曲も全部そうなんだけど、このメンバー構成でのこの曲、というのは、本当にこの時だけの、というものなので。

 

⑦江差追分

 この曲はもう何度目かな。。。
 という個人的なところもあって、あと、今回は、暗転+スポットの演出がなくて、余計に特別感がなかったのが、個人的になんですけど、もうちょっと…と思ってしまいw

 靴下気になったり、いろんなとこに意識が散漫になってしまった。聞く側の問題ではあるかもしれないけど。

 さすがに7曲めともなると、聴き疲れもしてくるので、例年のような、暗転+スポットで視覚的な気分転換をさせてくれると、ありがたいんだけどな。

 予算的な問題だったりする?

 

 *補足。聴き疲れについて。
 聴き疲れが出るのは、演奏会自体の構成にも問題があるためでもあるかもしれないな。
 「お楽しみ曲」と昔は言っていたのだけど、緊張感を緩ませるような曲が一曲あると、箸休め的になったかもと思う。 この時期だと、

・クリスマスメドレー
・童謡からモチーフをとったようなもの
・ジブリや洋楽を和楽器でやる

…というような、目先の変わった感じのものがあると、気分が変わってまた集中しやすくなると思う。

 今回は、これが後半のもののけになってしまい、中途半端さが出てしまったかもしれない。
 (やるなら、もっとしっかり、もののけをやってもらう方がいいのではないかな。どうせ一小節以上使ったらじゃすらっくに楽曲使用料払うんだと思うし(この辺は調べていないけど
 )

 

⑧AXIS

 全体曲、メインパート同士が一箏と尺だったりすると、離れすぎてて、合いにくいな。もう少し角度を内側に向けてお互いが見えるように配置するとかの方がよかったかも。

 大合奏、配置次第で合いやすさがかわってくるから。
 なので、もっと配置はバリエーションを試してもよかったんじゃないかなと。

 (一箏のいる端っこは照明も当たりにくいし、反響版の隅っこなので、前後の位置にもよるけど、場所によっては音も響きにくい。中央近くに一箏を配置するのもアリだと思う。

 (これは大体言っても毎度めんどくさいみたいで蹴られるけど、毎回決まった型にはめすぎじゃないかなーとはずっと思ってる。
 メインパートが向かって左。+箏が左、三絃尺は右、だいたい弧を描く、となりすぎてて、視覚的にオドロキがないんだよね。
…という話を数年前にゐとかさんとしてたことがあったw

 (うちでできそうなパターンとしては、例えばだけど、箏だけなら、真っ正面で平行置きとかもありだし。箏曲部みたいな、みっちり詰めの円弧もありだし。今は人数いないけどw
  三絃・尺を中央に置くのもアリなので。←これはけっこう他所では見る形。
 もっと他の演奏会チェックして、配置バリエーションふやしてほしいな。、もっと普段から遊んでおくのもアリですよー。成果発表とかね。
 これも聴き疲れと関連するかもしれないからかいておく

 曲の感想。

 疲れてるのか、ちょっとまとまりがなかった。
 特に出だしの気持ちの揃わなさ。最初が肝心ですよ、お客さんを引き込むには。

 章?が変わってから、合ってきたので、ちょっと安心したけど。

 いつものことだけど、「動きのあるところは勢いとノリで持っていける」けど、「わりと静かなところをどう緊密にまとめるか、バラけずに添わせるか」、というのは、課題ですね。
 引っ張る人ががっつり旗を振れるかどうか、というのもあるし。
 今回みたいに、なんか様子見でお互いそろそろと弾いてしまうようなのがあると、危うさみたいなのは伝わってしまう。

 一年生が多い時は、そういうのが難しいというのはあるけどね。

 なので、頑張ってるのはよく伝わったし、一番、学生邦楽っぽい感じにはなってたんじゃないかなーなんて、思います。
 人数が多くて、華やかだったし。
 お客さんも、最後の一曲なので、集中して聴いてくれてました。

 

 途中のどこか忘れたけど、音の重なりがよく響いて、その響きで、空間の広さを実感した瞬間があって、とてもびっくりしたんだけど、あれはなんだったんだろう。
 物理的に、ホール自体がよく響くというのとは、ちょっと違った感じの。

 ずっと前に、Twitterで尺の先生らしき人が「音を重ねることで静けさを、空間の広さを表す」というようなことを書いてらして(ソースが不明)。

 つまり、音があることで、より静けさを意識させる、=光があってはじめて影ができる的なことだと思ったのですが。
 で、音を重ねることで、より深い静けさと、響きの広がりで初めて見えてくる世界の空間の広がりや奥行きを、もっと重ねていくことでさらなる大きさを、作ることができる、みたいなことだったんじゃないかと個人的に思っていて。
 なんか、それに近いものだったのかもなーと。響きの、広がり感が、空間の存在を感じさせた、というとこ。

 なんか、曲がかっこよかったとか綺麗だったとか、そういう感想もあるにはあるんですけど、個人的には、いつもと全然違う感触が得られたのが、面白かったです。

とりあえずはそんなとこ。

その他、受付と録音係

 受付。

 机の位置は再考の余地ありかも。
 お客さんの誘導に一人(MOREさん)、人員が割かれたのは、ロスかな。(受付が見えない位置だった)

 動線と視点を考えて、予めどの位置にするかを考えるために、実際に自分たちで動いてシミュレーションしてみるといいかもしれない。

 階段から受付まで、「当日券はこちらです」「受付はあちらです」という声かけなしで、人を動かせるかどうか。(同、エレベーターから受付まで)

 当日券の張り紙は一枚を机の階段側のサイドに貼っておくが良いかも?とか、案内板を分岐としておいて置いて「チケットをお持ちの方→ お持ちでない方(当日券五百円)←」を作るとか、色々案が出そうな気がする。

 追記:2015年は、階段上がった正面に、受付机が出ていたので、わりとスムーズだったかと。2015記事の画像コラージュ右下参照。

 

 あと、受付というのは机回りだけの担当じゃないので、客席・スタッフ通用口・施設入り口付近も要チェックでお願いしますね…

 ゴミが落ちてるとかはよその人がやっても主催のせいになったりするし。以前は紙とマジックペンが置き忘れてあったりしたこともあるし。w
 今回は、スタッフ通用口が丸開きだった。ので、上手側・下手側の両方を私が走って閉めましたよ。ここわりと多いんですよねうち。
 (私今回はスタッフじゃないはずだったんで、スーツの子に言うべきだったかもしれんけど。w

ーーーーーーーーー

 > 録音係。

 今回は、本当は客席後ろの方でこっそり聞こうと思ってたのに、録音係を頼まれてしまい。苦手なのにw (機械オンチってやつなんですよ私

 最前列は人がいなかったからそこにしたんだけど、緞帳開くたびに奏者をビビらせてすまんかった。
 もう一列後ろでもよかったかなぁ。人が近くにいると音拾うかもと思ったんだー。

 で、あの機械。

 ホールの音響さんに頼んで有線で音をもらえば、客席じゃなくても録音可能ということですよ!! しかも3点マイクのクリアな音が録音できちゃう!!
 って、知らなかったんですけど、「普通はそうするものだけど」って、まじかって顔されました、相棒にw

 施設の備品一覧見たら、8chマルチコードみたいな記載があったんで、それかな。確認とってないけど。

 来年はぜひ、そうしてください。
 操作は、舞台袖でできるらしいので。舞台さんが配置後ひっこんでから、ぽちっとするだけでいいはずになるはず。(この辺よく分かってないのよな
 あと、映像研究会?さんにも、音必要だったら、ケーブルと出力の手配してあげてください。
 (って現状どうやってるか知らないんで、使ってない前提で言ってますけど。ケ-ブルで直に音もらったら、アナウンスさんの声も、くぐもらないでキレイに入るはず。

 あとで相棒に説明されたときの図を清書して、もう一回内容を見てもらってから、ここにあげとこうと思います。

 とりあえず、できたばかりだけどこんな感じ。A4で2pの資料pdfはあとで間違いがないか確認してもらったあとで、DLできるようにしておきます。(今日は相棒が遅いから、これは暫定です)

 素材置いている場所(旧サイト内)に、録音についての資料をとりあえず入れました。
 よく分かってない人が作った資料なので、間違ってる可能性があります。
 ホールの人に確認してからにしてね!w
(2018.01.15、暫定アップ)

Rec_thn

 ちなみに、製品の型番があってるか分からないけど、同じシリーズのもの、説明書pdfをここで見ることができました。
 webすごいな。
 公式サイトから探しにくいんだけど、URL引っ張ってもらってあるのね素晴らしい。
http://gizport.jp/manual/1798506/?id=82416

ーーーーーーーーーーーーーー

とりあえずはそんなこんな。

 あ、「OB引退します」って言ったけど、行ける時は演奏会だけ覗きに行こうかと思ってますので、会えたらお話というか挨拶程度はさせてもらえたらと。機会があれば。w

 あと、カニの人に「追いコンで送ってくださいよー」て執拗に卒業を祝うように言われたので、追いコンは行けたらいくかなーという。
  ハイハイ めでてぇな おめっとさん w くらいは言っとかないとかなー私もずいぶんお世話になったわけなんだし。まぁ他の方々にもお世話かけまくってますけどごめんw

 なのでまた後日お会いできたらです。はい。

|

« チケットデザインや他の使用についてとりまとめ | トップページ | やくざなやつ »

コメント

昨日はお疲れさまでした!
まだ書いている途中とのことですので,立て看板について先にお伝えしておきます。

演奏会当日の朝にホール担当の方に設置場所を確認したところ,柱の位置への設置許可をもらえました。その一方で従来の形状の看板の使用は来年以降やめてほしいという説明を受けました。今後は自立型の看板(恐らくA型かH型看板)あるいはホールの案内板を借りてそこにポスターを貼るなどにしてほしいとのことです。
(うちの部活だけでなく,他の団体などにも同様な説明がされているようです。)

某Aストホールでは2011年以降,現在使用している立て看板の屋外設置は許可が下りてませんし,立て看板そのものについて考え直す必要があるかもしれません。

このことについて,現役生に伝えるべく文章にまとめている最中ですー。

投稿: ヒラメの人 | 2017年12月25日 (月) 19:07

演奏会お疲れ様でした!

立て看について。
ふむふむー。現場の状況をいまいち分かってないので、ちょっと的外れなこと書いちゃいましたね;
自立型ですか、自前で用意する必要があるってことですよねそれ。
ポスター貼るだけなのは多分目立たないから立て看欲しいですけどね、どういう風にしたらいいのかな。

とりあえず、目立って、「入り口ここです」ってお客さんの目印になるようなもの、あるとうれしいなーと個人的な希望はw

まとめ、頑張って作って下さい、よろしくお願いします!

私は音響ミキサーからの有線で録音用の音もらうのの図解を作ります!w

投稿: ひなた | 2017年12月27日 (水) 12:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129339/66199014

この記事へのトラックバック一覧です: 演奏会感想(2017(追記あり:

« チケットデザインや他の使用についてとりまとめ | トップページ | やくざなやつ »