« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

2017年6月17日 (土)

twitter 変更で

 TwitterのUIが変更になって、わりと雰囲気が変わりました。

 角丸の四角アイコンが丸になって、ちょっと文字が切れたりする人が多発。
 部活のアカウントのアイコンも、微妙に文字が四隅のところ切れてるので、少し縮小かけたものを作った方がいいのかな。
(それとも、今年は演奏会が大きな節目の記念回なので、~th とかつけた特別バージョンを作ってあげた方が広報的にいいのかどうか。新歓終わったら訊いてみた方がいいんだろうか)←まぁたぶん忘れるから一応ね

 個人アカウントは特に不便になったところはないのですが。

 わりと、TLでクライアントアプリが追従しなければ今まで通りに使えるし、という声があり、みんなどんなものを使ってるのかなーというのが気になりまして。

 iOS用Twitterクライアント人気投票(2016年5月) http://hitoriblog.com/?p=39845 @hitoriblogさんから

 記事内にもありますけど、リスト機能が公式アプリだと非常に使いづらい(アクセスしづらい)ので、リストタブがあるのが理想。

 ただ、リストの数が多いと重くなるから、微妙かなと思ったことも過去にあったので。(Janetter)

 公式が、リストのボタンをいいねとかの並びにして、アクセスを簡易にしてくれたら、いいんだけど。

 とりあえず、2016年の記事で一年前なんですけど、フェザー試してみるかな。

 ----

 ここを更新してるって事は、ブログの移転がうまくいってないって事です・・・www

 なんかこうね、これでOK!ってならないんですよ、いじってても・・・あきらめが肝心か。

----

 そういや今日は成果発表でしたね、どうだったかなー

 OB引退してわざと放置してるんですけど、今までと仕事のト-タルが変わらないとしたら、私の分のなにがしかを分担していただくことになるはずなので、そこらへんの調整はできてるだろうかとか、気にはなりますが。手を出したらダメだと思うので。w

 ずっとね、私が居続けることを前提にした話しかされてないっぽかったから。
 6年前くらいから、なるべく早めに卒業したいとか、折を見て言っていたつもりだったんですけども。
 だいぶ、煩型、御三家とか言って忌まれているような反面、じゃぁ自分たちどうするのってとこまで考えてないのはどうかなぁって。ちょっと思ってたりしましたけどね。

 「~さんのようには絶対になりたくない」とまで下の子の前で言い切ってくれたけど、飴役として鞭役の扱い方はもう少し勉強しておいてほしかったですね・・・
 (これ絶対やっちゃいけないことなんですよ、分担して"両輪"として回す意味では、飴役が鞭役のフォローっていうか、ダメ出しされても方向を前向きにさせてもってく役割なんで。でもへこまさないプラスアップの言い方、私も頑張ってたつもりなんだけど。まぁ目的が違う人なんで見てるものと向いてる方向が違うのは知ってたけどなw 孤立したけどなw)
 分担、誰ががんばってくれ

 現役生に、成果発表は、うまくやり抜けようと頑張るともらえるアドバイスが減るから、上手に失敗しておいてね、って言うの忘れたなー

 もし行く機会があったら言おうと思ってたんだけど。あるかな。ちょっと行かないと、怖くなるんですよ。w いけるかなw

----

 そんなこんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

手順とかメモ

ちと過去の色んなことを考えていて、整理メモ。

----
物事に手をつけるときは、考えるべき要素がいくつかある。
 
人、もの、費用、時間。必要なものをザックリ分ける。
 
時間は失われたら代替がきかないと思っておくべき。
逆にもの・お金は、ある程度なら借りることはできる。
 
人の調達は、半分は当てにならないと心得るくらいがいいかもしれない。
 
自力で全部やる場合・ほとんどを人に頼める場合、この二極に振り切って幅を考えてみる。
どっちのケースでも、必要なものは変わってくる。
 
----
かける時間(スケジュール)の決定は、ケツを設定したらそこから逆算し、スタートを決める方式。

手順についてリスト化。
それぞれにつき、どのくらいの時間、人手、費用が必要で、どんなものを必要とするか。
手配・申請・下準備が必要なら、書き出しておく。
不明な点についてもメモを作り、確認用チェックリストを作成する。

時間の算出ができたら、ゆるめにスケジュールを組む。
人手の調達は前もって伺い連絡ののちに日時詳細。
 
トラブル対策は、過去の事例をググっておくなど。
 
----
こういう感じかなぁ。
 
ゆるーく「なーんかー、よくわかんないんですよねー」って、”それは質問なのか?質問なら何についての質問なのか?そうじゃなくてただの愚痴なの???”という会話があって、イラッとしたことがあったので、どこまでしておいてくれたら協力しやすいか、について考えてた。
 
「やり方がわからない」、というのも幅がありすぎるから、せめて、何も考えてないのか、考えてるけどこれでいいのか分からない、なのかくらいは。
 
これって質問スキルかな?

「どう質問したらわかってもらえるかが分からない」
vs
「何をきかれてるか分からないから答えようがない」
 
こういうこと、割と遭遇したことがあるし、けっこうあるあるなのかなと思って。
考えてたことの吐き出しメモ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ