« スタッフメモ2016。@学内ホール | トップページ | あけましておめでとうございます »

2016年12月22日 (木)

演奏会感想2016。@学内ホール

演奏会の感想。軽くメモ。こっちもまだ途中。

1.鷹

 緊張が音に出てたかな。緊張 = 精神の戦闘モード 、扱い方さえ気をつければいい働きをするものだと言われているけど、なかなか難しいよね…
 緊張対策については、ググってみると色々書いてあるところがあるから、見てみるといいかも。
 個人的には、だいたいは、場数(経験回数)と、開き直りかなーあとは、自分にプレッシャーをかけないこと&無事に本番を迎えられたことを喜ぶべしw

 曲自体はトレモロのデクレシェンドなど、細部まで気を使えていたと思う。
 ただ、一カ所だけ妙に間の長いあきができてしまい、曲の勢い流れが一度絶えてしまった。惜しい。
 後半激しくなるところもコントロールできてて、まぁまぁだったかなー。攻めると後半荒れやすい曲なんだ、そこははみ出さずにまとめていた。

 

話が外れていくけど、ちょっと考えてたことを書いておく。↓

 どの曲も、変化をつけたいつけたいと言うけど、変化を大きくつけない方がいいこともある。
 例えば、水のように固体・液体・気体と態を変えるようなものは、明らかに区分けしてもいいと思うけど、この曲は一貫して飛翔する鷹の様子なので、そこまでの区切りや変化をつける必要性はかなり低い。
 大きく間を開けると、はっきりとした区切りになってしまって、モノが変わってしまう。というのは覚えておいてほしいかな。リタルダントの後なのだけど、もう一呼吸早めに、落ち着く前に次へ入れると、曲の勢いスピード感が保てた気がする。

 「間」というのは、とても面白いもので。
 動的な部分に差し挟まれれば(G.P.)、動きのマキシマムを演出し、静の場面に差し挟まれれば、動きのミニマムから静止を演出するという面があると思う。
 間とは、無音=何もない、わけではない。あくまで、音の減衰ラインや、動きの放物線のような軌跡の、「先」を示す・演出するためのもの。と私はおもってる。

 (だから真珠のように余韻をケとかで音を消すと、そこがぶっちぎられてしまうから、ダメというのだ)
 (鷹で言うなら、少し滑空して翼の動きを止める程度でよかったかなって。あくまで全体の風の動きは止まってない状態)

 (間に関連して、演出として手の動きに気をつけろ、というのは、その減衰・放物線のラインをキープしたり分かるようにするのが、見た目の演出(動作)でいけることが多いから。

 (手の動きについては、映像では多く使われる、動きのある場面でいきなりスローモーションになって元に戻る、ああいう時間の流れ方を変えることで生み出す効果とか、参考にしてもいいんじゃないかな。
 例えば、ドラマとかで、オープニングの登場人物の紹介、”歩いてくる人物→すれ違う一瞬スローモーション横顔+キャラクター名の字幕”という演出とか、面白いと思うんだけど、ああいう動きの、速さ&見た目でだせる変化のつけ方。
 (手の動かし方を変えることで、時間の流れの違いを目で見せられる。ソロの緩急は自然とそうなってるはず)

 和楽器の曲で用いられる「間」は、私の考えているのとは少し違う風に思われるけど、そこらは専門の人に聞く方がよさそうかな。
 うろ覚えなんだけど、”静寂は空間宇宙を演出し、さらなる静けさを生むために音を用いる”だったか、そういう表現をする方がいたりして、おぉぉーと思った記憶。
 音は、さらに静けさを生むため。静寂の深さを、広さを、重ねて作る。
 普通の感覚なら、音は重ねるほどうるさくなると思うんだけど、逆はまた真なり、といっていいのか。すごいことだ。

 以上 関係ない話おわり。

 

2.竹林

 一年生は初舞台、みんなで力を合わせて頑張ってた。舞台さんはちょっと疲れてきてるのかとも思ったけど、現場はどうだったんだろう。手が足らなかったかしらん。
 ピッチがずれたときに合わせるとかのリカバリ方法はあるのかな?とちょっと思ったけど、崩れてもそれ以上崩さない強さが見えてよかったな。
 この曲よいなー。各まとまりが短くてやりやすいなら、新歓とかでも使えるのかも?

3.海鳴り

 これはリハで三絃の絃が切れたから、本番で少し思い切りが出せなかった感があったけど、そこは不可抗力。本番も悪くはなかった。
 今まで聴いた中で、十七絃が意外なくらいよくて、曲を引っ張る強さと落ち着きは素晴らしかった。本番に強いタイプってこういうことかーと内心うらやましく思いました。つよい。
 12月の合宿まではどうなるかと思いましたけども。頑張った! 

 この曲は、部室で聴くと十七絃の音の響きがすごく物足りないと感じていたけど、舞台の音響がよく、ちゃんと仕事する十七絃になってました…w
 あのタテピンがこれだけ響くんだったら、ヨコピンだったらどれほどの迫力だったかと思うと、ちょっと試してみたかったなと(実験大好き

 ホールの音響はやはり悪くはないから、今後ここを使うのもありかもなー。
 一般のお客さんに来てもらいにくくはなるんだけど。なんだろうね、やはり関係のない学校=入りづらいという感覚があるから、ハードルの低さをもっと演出して、伝えていかないとだね; 

 

 4.証城寺

 ここは開始時間までに席に戻れず…扉越しに漏れ聞いた程度ですが、後半部分、すごく楽しそうでした。
 前に聴かせてもらったときは、後半がすごいスピードで、なんというか、ディズニーとUSJとピューロランドが一緒になったアトラクションを高速ジェットコースターで見させられるような気分だったのですが、一つ一つが丁寧に説明されるような感じになってて、安心した…w

 写真撮れなくて申し訳ない。リハの時に撮ったやつでゆるしてください;

5.民謡メドレー

 リハの時は着替えてない人がいたので、絶対撮らねばと思い撮ったけど、毎度ながら先生が楽しそうでw
 あと、あの彼は元部員の彼だったね?名前が出てこず…話しかければよかった。出てくれてありがたいな。続けてくれてて嬉しかったです。

6.真珠伝説

 一言で、すごくよかった。横のつながりも意識できてて、「これは曲がいいから」とか毎度言うものの、まとまっててすごくよかったです。
 尺は一年一人だったけど、ラストの尺のロングトーンからの切り方が鳥肌立つほどかっこよくて、あれで本当に一年目かと震えましたw すごいすごいすごい。

 

 全体的に、学生邦楽の演奏会としては、すごくよかったのでは。お客様にも楽しんでいただけたようだし。

 あとはスタッフ間で、今回の会場についてのまとめを作って残しておくと、次につなげられるかなと思います。
 会場選定資料として、あと準備の際の会場特有の注意点なども書いてあると便利だと思う。
 メリット・デメリットは必ずあるし、そこが残してあれば対策もできるからね。

 それから、後で構わないのですけど。
 リーダー講習会の資料、「一年目に必要なこと」が箇条書き内で一枚で終わってるので、そのためにはどうする的なところを一年生に考えてもらったりするといいのかも。
 一年目で役に立ったところ立たなかったところ、というのもあると思うから、印つけてもらったりとか。
 作ったのがもう古いOBなんで、一年生の時の自分の考えてたこととか、忘れちゃってるんですよね。きっと後々、役に立つのではないかな。
(GMさんは、個人的に一年目を終わっての感想をまとめたものを残されてます、今検索しても見つからないけど閉じてしまったかな;)

 また思い出したらかくかも。かかないかも。

|

« スタッフメモ2016。@学内ホール | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129339/64658186

この記事へのトラックバック一覧です: 演奏会感想2016。@学内ホール:

« スタッフメモ2016。@学内ホール | トップページ | あけましておめでとうございます »