« twitter ヘッダー、花柄[和風] | トップページ | 演奏会感想2016。@学内ホール »

2016年12月21日 (水)

スタッフメモ2016。@学内ホール

 今回は、いつもと違う場所での開催で、不慣れなことが多かった。本当に準備お疲れ様でした。

 まだ途中。そのうち再開する。

準備

 スタッフの顔合わせ的なモノがあったほうがいいのかどうなのか?外部スタッフさんの指揮系統の確認は?と思う部分が少しあり。気がついたことがあっても、誰にどれだけ頼めるのかな、と。

 * 照明の調整?
 今回の会場は照明ムラがひどく、舞台上から見ると左右のフロントサイドライトが、それぞれバラバラしてるのが目で見えるくらいあった。

 ライトの調整、いつの時点で確認して、どう対処しておくのがいいんだろう?
 前回の時は一日がかりで直してもらったので、けっこう大変なのかもしれない。灯体を触る用の手袋?が必要だったと思うから、分かってる人でないと頼めないと思う。(熱を持つのでへたをすると火傷するらしい。

 *舞台のライトのいろいろについては、ここで見ておくと指示が出しやすかったのかもしれない
 →”ネコでもわかる照明の部屋”

 前年のホールと並べると、その差が分かりやすい。(背景の木の部分を比較

20161217_stmemo_stagelight

 市のホールも左右の端の明るさが落ちるので嫌なんだけど、学内ホールはまたすごいことになってるな。

 

 * 緋毛氈
 前日の最初に、設置位置ミスって一度剥がしてたから、テープが足らなくなったのかな。けっこう浮いてるなーと思った。でも、客席から見たときはそこまでではなかったから、貼り方はよかったのかも。
 意外と横よりも縦のラインが浮きが分かりやすいのは、ライトのせいなのか。影が見えると分かってしまうから。

 レンタルの時は赤のガムテで貼るって聞いた気がするんだけど、違ったのかも?
 市のホールのときの画像見たら赤のテープ使ってなかった。
 2011年の駅近くの会場の、レンタル緋毛氈でやった時、私カメラで入ってた気がするけどデータが全然ない。どこいった。
 「緋毛氈を貼るときは何で貼るのがベスト?コスト的にも?」という謎が。

 しかし市のホールはスタッフさんどうやって貼ってるんだろ、すごくぴっちりしてるな…保管はしわにならないようにロールに巻いてるとかなのかな。合わせ目は両面テープだったりするのかな。

20161217_stmemo_stage_mousen_3

 別会場のデータついでに捜索中に、昔GMさんがOB曲やったときの画像でてきて、えーこのときってもうそんな昔なんだな?!?って自分でもびっくりしてマウス落としそうになった。全然関係ないけど。

20161217_stmemo_before10

 こっそりね!(問題があったらお知らせ下さい

 

 * バミリの紙がはがしづらい
 切り方、紙が大きめになるように切ってもらってあるのとないのとあって、使いやすいタイプに統一してほしかったなー。これも毎年の要望。
 前年参照。

 

 * 調絃表
 これは調絃の箇所(箏A・B・十七絃)に対しての枚数と、楽器を扱う人数に対しての枚数という認識の誤差か。(結局イスの数を一カ所一つにしたから私がコピったのは無駄になったようだすまん

 *調絃のイス
 上記に関連して、ここ最近はOBが手を貸すから一つでも全然足りているけど、振り袖を着た現役のみでやる場合、イスは楽器の右手側に一つずつ置いて各自で使う方が、効率がいいことはここにメモで残しておく。チューナーは同じものを手渡しで。
 たこ糸取ったりするとき、振り袖の袖がすごい邪魔になるんだな。

20161217_memo

 

 *タイムスケジュール表
 調絃室にモニターがないので、ドアマンさんが舞台袖とLINEで連絡を取り合ってくれた。進行の状況が把握しづらく、昔あった進行表(随時マジックで時間の訂正入れていく模造紙の表)が貼ってあるといいなぁと思った。というかこういう会場の時に必要になるんだな…。
 今もあったっけ。舞台袖の資料用画像を見てもそれっぽいものはないな。
 今後は調絃室のモニターの有無、または音声を入れることができるかどうか、確認が必要かも。
 ない場合は、タイムスケジュール表作って、リアルタイムで何分押してるか or 早くなってるか、明示しておかないと、調絃がキツイ場合ちょっとしんどいかもしれない。

 *

  
 本番。

 * 受付
 チケットの半券もぎりにこだわったせいで、ミニチラシとして作ったはずのチケットが大量に在庫があるではないか。
 前日にビラまきして使い切ってこいよー!!!
 前から「チケットなしで入場OKにしたから、パンフの出た数で入場者数を確定する」って話は私からしてたはず。おいおい。

 あと、無料なので留学生とかけっこう来るかなと思ってたけど、それらしい人は見かけなかったような。この辺、ちょっと広報活動が「無料」をPR材料として考えていなかった可能性。
 SNSやってる系の人が話題作ってくれたら、もう少し人が動いたかもしれないなーアジア系の学生はわりと固まりやすいから。
 
 上記に関連して、広報は頑張っていたけど、ちと後手に回る感が多少。
 毎年思うんだけど、”練習頑張ってれば自分たちのことをきっとわかってもらえるはず!”って過信したとこがあるんだよね。
 いいものを作って置いてても、、人の目・心に引っかからなければ、存在しないも同然なのよ世の中。だからパッケージにこだわって綺麗な色で包んでみたり、タダで試食を出してみたり、可愛い女の子を雇ったり、嘘でも「店長のこだわり」で作った商品を置いたり、あの手この手を使うんじゃないですか。

 今使ってる広報ツールはたいてい文字ベースだけど、何かにつけてもイベントの話題に持ち込むような口達者で商魂たくましいのはいないのか。
 例えば、今年の「真珠伝説」に絡めて、地元では~有名です、~って知ってますか?みたいにして地元の話題を前口上として使うとか、できた気がする。

 Twitterは特に、普段、画像があるツイならともかく、「活動」一色で話題が狭いのも、ちょっと自分の自動botとすら差別化できてない感もあり。

 

 *遅れてきた人対策

今回の会場は、扉の内側に階段があり、扉の開閉が舞台から全く見えない仕様だった。そのため、「演奏中の出入りを禁止」する必要はなかったのではないか。

20161217_door

 演奏開始に遅れた人が、扉内側で立って音だけご鑑賞になっていたので、階段から上段の席へご案内したが、もっと臨機応変にご案内するか、「演奏中はお静かにお入り下さい」としてもよかったと思う。
 席はかなりすいていて、手近なところへすぐに座れる状態だった。

20161217_stmemo_seat

 ↑開演10分前くらい。まだお客さんは入っている状況だったけど、開演後締め切りにする必要はない程度かと。

 クラシックなどでは演奏中の出入り禁止が当たり前ではある(チケット代金には指定席と静かに聴く環境が含まれているようなものだし)。
 しかし、部活の演奏会でそこまでのことをお客様に求めるのは個人的には毎度微妙に感じている。前年参照。

 奏者の立場としては、人の出入り程度で集中力が切れたことはないので。
(昔はけっこう開けっ放しだったのですよ。閉じてても開けて入る人が多かったのもあるw 扉の開閉の音の方が集中力切れそうになるので、席の埋まりにくい上段の一カ所とか、場所を決めて片扉だけ開けておいて案内をしたりとかのほうが、お客さんには優しいかと)

 禁止するのは簡単だけど、それって誰のためなのか?もっと融通の利く方法はないのか?っていう点は、もう少し考えるべきだと思う。
 (毎度ご案内係になるのも面倒くさいし、私がいなかったら座れずにいるの放置なんでしょ。それがお客さんに対してとる態度として当たり前なのかな?と思うのだよね。遅刻の罰じゃあるまいし。と思うの。

 

 

|

« twitter ヘッダー、花柄[和風] | トップページ | 演奏会感想2016。@学内ホール »

コメント

お疲れ様です。そういえば今年は事後のまとめを作ってないですね…すいません。。。
やや長くなりますがご容赦ください…。

○緋毛氈
今回の緋毛氈,どうもレンタルじゃなくて部室にあったやつらしいです。前日の準備に手伝いに行った際にそんなことを聞きました。
(器具庫から発掘したとか何とか 笑)
前日に発掘されたことと実物を初めて見たんですが,綺麗な長方形じゃなくて台形だったり,切断面がガタガタだったので折り込んで角を直線にしてたのでだいぶ浮いてしまったのかもしれないです。

舞台に貼るのは赤ビニテと赤の養生テープを組み合わせて貼った記憶があります。
今回は養生テープのみだったので粘着力は?です。これは僕が緋毛氈について伝える際に上手く伝えられなかったからも知れないです…。

あと,レンタルの緋毛氈や某ホールのものなどに比べて1枚1枚が小さいので繋ぎ目が多くなっているのも原因だと思います。。。
(レンタルの大道具のものなどなら2枚あるいは余裕をもってするなら4枚で十分です。個人的にはこれが一番原因かも,と思います。)

○タイムテーブル
舞台袖には毎年あるような…?
通し稽古の時の時間を記録した模造紙を見ながら少しおしてるor時間通りっというのを確認している記憶があります。
(調絃室については分かりませんが。。。)

○バミリ
貼り方についても再度統一が必要ですね。
今回,誰も把握してなかったみたいだったので(笑)

投稿: ヒラメさん@400尾 | 2017年2月 3日 (金) 01:38

うわー年あけてからこの記事の更新すっかり忘れて・・・;
もう記憶がないwまとめが終わらないw

〇緋毛氈→

部室のは、巾150cm×長さ20Mくらいのペラペラの綿の布(シーチング)じゃなかったでしょうか。風呂敷包みのやつなら私が発掘しましたw
(通しの時はそれで舞台に擬似的に、幅10M×奥行き3Mくらいに二つ折りで敷いて、配置をしていました。写真見たら右端がぐしゃぐしゃになってるはず)

当日の緋毛氈は、梱包箱2つ男子合宿所においてあったし、レンタルじゃないかしらん・・・返送に使うから畳まないでって聞いた気がするし;
なんか話がごちゃごちゃになってるかも?
(私の方もよく分かってないかもしれないし;

レンタルの緋毛氈は、お茶席(腰掛けるやつ)用のものしかなかったっぽいので、もっと探したら大道具用のが見つかったのかな?そのあたりは私は詳しくなくてごめんなさいです。

ビニテでしたかー前に聞かれてビニテでとまるの?って思って「ガムテじゃないの?」って言ってしまった!
ビニテと養生の使い方も、教えといた方がいいのかなー聞かれたけど分からなかったので・・・

〇タイムテーブル→

これは私が現役の時は、たしか調絃室にもあったんですよw
「リージョンはモニターつけてれば舞台の様子が分かるから、いらないよね!」って、なくした気がする・・・

でも、今回みたいなホールの時は必要になるから、そういう意味で先輩が「使わなくても必要だから」と言っていたんだと、ようやく今年分かりました。
ドアマンさんが管理する進行表、モニターがないときは作るべきかも。

〇バミリ→

ここが改善してもらえると、配置の短縮とイライラが・・・w
ぜひとも、と思いますw

---
まとめ、もう少ししっかり頑張って作っておかないとですね;
細かいとこを忘れてしまった。
ごめんなさいw

投稿: ひなた | 2017年2月 3日 (金) 13:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129339/64653940

この記事へのトラックバック一覧です: スタッフメモ2016。@学内ホール:

« twitter ヘッダー、花柄[和風] | トップページ | 演奏会感想2016。@学内ホール »