« 2016年9月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年10月

2016年10月26日 (水)

twitterのヘッダーの、カテゴリー変更

 素材記事がたくさんに増えてきたので、どう整理したものかと悩んでますw

続きを読む "twitterのヘッダーの、カテゴリー変更"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月20日 (木)

鬼の子(無意識で身につけたもの

 誰でも何かで”鬼の子”なのだ、というのが何度目か、私のtwitterのTLに流れていきまして。
 ええと、今回の成果発表で思うところがあり。

 ちょっとツイートを見つけられていないのですけど、内容的には。
 ”育てようとしない鬼の元で育った鬼の子は育て方を知らない。育て方を知らないから鬼しか育てられない。(続きツイ)しかし誰でも、何かのジャンルでは鬼の子であり、知らずに身につけたものを教えることは出来ないのだ” という。

 リツイートして下さった方のTLまで行って遡って、ようやくたどり着きましたよ。それからの元々の文章も載ったものがまとめられていました。鬼の系譜 -Togetterまとめ

 「無意識に身についたものを教えることは出来ない」というの、すごく感じたのですね、今回。

 私は子供の時から国語が得意で、「作者の意図を答えなさい」系の問題でも正答率が高い生徒だったのですが、それが活きて今、デザインという「お客さんの意図を形にしなさい」系のお仕事をさせてもらえてるような気がします。

 これって、音楽でも一緒で。
「楽譜を読んで、この場面の作曲者の意図を答えなさい。」
 という問いが無形でも存在することを、理解しているかしていないか、というところかなと。

 なので、「曲の内容を考えて、その上で”それをどう形にしたらよいか?”さらに、”どうやったら効果的に聴衆に理解させられるか?”を、よく考えろ」と言ったのですが。

 そういうことを、教えてこなかった、なぜなら無意識でやっている私にとっては当たり前のことだったから。と、今回の感想を言って帰ってきてtwitterで上記のリツイート「鬼の子」を読んで、思ったわけです。

 例えば、上昇していく音の並びは、「高揚」とか気分の上がっていくことを意味し、下降していく音の並びは「沈痛」とかマイナスを表す、とかとかいわれたりもします。
 そういう、使われているパーツやら場面の配置を、きちんと理解しているかどうか、というのも、読み解きには必要なのですが。
 (国語なら熟語の意味を理解しているかどうかで文脈が変わるみたいな)

 楽譜の読み方を、理解させる、教える、というのはやってなかったんだよなー。

 うーん今更なにを教えたらいいんだろう。場数踏め、パターンで学習しろ、というのも、なかなか時間のかかる方法なので、どうしたもんかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 5日 (水)

twitterヘッダー・和紙 梅【和風】

新しいサイトへ移設中です
DLペ-ジはこちら。

プラスチックノサクラ DL

「和風」のページに入る予定です。

規約をご確認の上、お使い下さい。(特に変更はありません)

_moving

20161005_wasi_ume

 twitterのヘッダー、以前の壁紙素材から焼き直しです。

 元のデータを紛失して、ブログ記事のサムネを見ながら作りました。
 (元の記事、画像が大きいのが開けなくなってたり、なんだか不具合なのかな、もしDL使用としてくれた方がいらっしゃったら申し訳ないので、あとで追記しておかなきゃ。すみません)

 色は3カラー。
 それぞれ、パステル・ビビッド・レトロ・ダーク(反転)、4パターン。

 ご利用規約をお守りになってくださいね。

続きを読む "twitterヘッダー・和紙 梅【和風】"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月 3日 (月)

twitter ヘッダー、お正月【和風】

2017年7月より、新しいサイトへ移設中です。
DLペ-ジはこちら。

プラスチックノサクラ DL

「和風」のページに入っています。

規約をご確認の上、お使い下さい。(特に変更はありません)

よろしくお願いいたします☆

_moving

20161003_oseti

 作画の手慣らしに、おせちの一の重を作ってみました。
 まだ、二の重・三の重とあるはずなんですが、とりあえずここまでw
 (二の重を追加しましたー。)
 (三の重も追加しました-。)
 (このあとは)

 以前作ったおせちイラストは、エビが大変に不格好だったし、他のものもイマイチなできだったので、リベンジの意味もあったりもしますがw
 数年前よりは、なんとか、機能を使いこなせているような気がしますね…アピアランスの使い方を勉強して幅が広がったので、ずいぶん時間短縮できるようになってきました。

 (このお重は、真四角のパスひとつから、アピアランス(=塗りや効果をひとつのブツに追加していく機能、数値を変えればいろいろできる便利)で全部作っています。これプラスお料理の作画まで全部で4.5時間程度かな…)

20161003_oju

 あと、「それっぽく見える簡略化の仕方」というのも、けっこう難しい。
 これはモノによって何回かやるとつかめてくるかな…というか、私が何回かやらないとつかめないだけなんですけど。

 まだ勉強することが多いです。

*DLは、上記の新サイトから。お手間をおかけします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年12月 »