« 学内ホール案内図を作成 | トップページ | 新歓2016、感想と今後の課題。変化のつけ方について »

2016年6月 6日 (月)

風モザみてた

 風のモザイクの練習をちょっと見て。

 予習用にyoutubeはっとく。

 絃方のみの練習だったし、演奏会には持って行かないようなので、そこまで詰めなくてもいいのかなーと思いつつw

 ちょっと方向性の違う練習をしちゃったのかなぁ…と思うことが何回か。
 

 例えば、「合わせる」のを練習するべきなのに。
 伴奏側が自分の拍(正しい拍だけど)をキープしすぎて、メインの弾ききれない時に出るズレを完全にフォローしない、とか。
 そこ拾ってあげないと、曲が成立しないし、誰かのミスを必要最低限にする(ごまかす)のもテクニックとして持つべきで。
 うまく拾って継続させた場合、伴奏はどっちかというと褒められるんですよ、そういうとき。w
 伴奏は、メインに合わせる。これ基本。
 メインが弾ききれたとき、完全に形になるから、信じてあげようね。。。

 そこのとこ、伴奏ばっかり気になって、メインの弾き方の直し方言うの忘れてきた(ごめん)
 たぶん拍は、3/4だと思うけど、6/8 … + 3/4 の音の並びになってる気がする。
 (演奏会の時の、雫音の後半にもあった、「たららたらら・たんたんたん!」のやつ、あれですよ)
 なので、拍の取り方は。
 (中指)ララ(親指)ララ、… ラララララ(ここまで6/8ぽい)、ン(ここ3/4)!。
 ここの、中指をメインに。親指は惰性で弾くくらいで、頭拍をとれるようにすると楽かなー。親指を頑張りすぎだと思うのですよね。
 拍のとりかた、意識を明確にすると、フレーズの形がとりやすいです。

 

 あと、個人練習で変にいじくりすぎたのか、妙にねっちりした弾き方を箏がしていたので、そこも気になって。
 前回きいたときの方が良かったなぁ。
 *ねっちり=粘度がでて拍が後ろ倒しになる。他のパートと雰囲気が違うのと、拍ズレがでてる。もったりしてて、優雅とは違うんだよな…

 風のモザイクって、「風」だろ?
 風といっても、南アジアのようなじっとりと汗ばむような風もあるけど、その場面の風はどっちかというと、かなり乾燥して、熱はあるけど全部すっとばすようなんじゃないのかな。

 (実は前回、イメージを三絃のパツパツした音に合わせて、と言ってかなりスッパリとしたいい音が出せていたので、安心していたんですけどw たぶん、個人の好みで練習していたらそっちに行ったんだろうなと思うんだけど;全体のイメージの統一がされてないから;)

 パートというのは、=部品(パーツ)なんですよ。
 全体の部品をくみ上げてピチッと仕上がるように、設計して、考えて個々の部品を作らないと、どんだけ合奏を頑張っても合わないよw

 

 あとは、弾ききれないフレーズや苦手な部分の練習を、部分練習としてどう基礎練習と連動させるか、かな。

 積極的に、どの位置・どの音量・どのスピードでも同じ形で弾けるようにバリエーション作って練習できれば、次回に活かすというか、だんだんと苦手がなくなるので。
 そこができれば、一年生に課題を出す方法もわかると思うし(去年の秋に私が作った、彩用のハードな基礎練習用メニューを思い出してほしいwww あれは後半付き添いなしで放置しておくためのものだから、課題として個人用のメニューは作っておくと上級生が楽になる)

 まぁ……一年生やめちゃったらしいんですけどね……箏。

 

 部活は中高と違って人数制限クリアしてないと消滅とかはないけど、基本10人以上が前提だと思います、仕事の回し具合と演奏会の構成的にも。

 毎年だれかしらやめることを考えると、各楽器2人以上は確保しておきたい(今や贅沢なのかこれは)

 今年人手増やして、来年楽になるといいなと思っていたのですが。(そのためにも広報のバックアップ(=口出しw)を早めにスタートしていたりもしたんですけど)
 過去の経験からして、このままいくと、今後かなりの負担が貝さんに行くと思われるのですよね。(理系は学年上がると実験とかで忙しかったり、教育も実習でこれない期間が増える。たぶん長期の実習がないのは貝さんだけになると思われる、選択コースにもよるかもだけど。今も考古学は夏中発掘に行ったりするのかな?)
 それでなくてもかなり厳しいのに、50回記念大丈夫かと心配で。

 箏メンバーは、4人くらいほしい。(^人^;)
 無茶かな?w

 

 風モザ、原曲はかなり勢いがあって、さらっと難しいんですけど、新二年生が頑張ってるので、応援したいですね。
 ソロも、がんばってやれれば、発表後にいっぱい教えてもらえるから、怖がらずにネタ提供くらいの気持ちでやってほしいw
 (うちの新二年生、楽器始めて一年で風モザチャレンジとか、かなり上達早いと思うんですよ、すごくないですかすごくないですか。昔の私そのころ「スってなんですか?」って言ってたよ)

 この日は留学生の赤兎さんの最後の日だったらしく、ルナちゃんが休憩あとからきてました。
 
 赤兎さん、部活楽しんでくれたかな~もう少しいてくれるのかと思ってたから、あまり話せずに残念ではあるけど、まだ学校にはいるから、また会う機会があるといいな。

 また時間あるときに行こうと思います。ことしも難儀だな…  

|

« 学内ホール案内図を作成 | トップページ | 新歓2016、感想と今後の課題。変化のつけ方について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129339/63748205

この記事へのトラックバック一覧です: 風モザみてた:

« 学内ホール案内図を作成 | トップページ | 新歓2016、感想と今後の課題。変化のつけ方について »