« twitterのヘッダー、さくら縮緬【和風】 | トップページ | twitterヘッダー・スノードロップ »

2016年4月25日 (月)

タイプ別成長曲線。メモ

 こないだ部活に行ったときに見てて感じたこと、ちょっとまとまらなくてメモ記事を書けなかったのですが、なんとなく思ったことを。

 二年次の停滞期がそろそろ?
 二年目以降、個人差がありますが、頑張ってるけど伸び悩む、という期間が多かれ少なかれあると思います。
 原因は多岐にわたる、とだけ。w(本人にもわからないし他の人にもわからないことが多いのですよ。そのときやってる曲の好き嫌いとかもあることもあるし)

 タイプによって成長期が違ったりするので、自分のタイプを把握できてないと、変に焦ったり楽しくなくなっちゃったり。するかもなーと。
 おおざっぱに分けると2タイプあって、もちろん中庸も存在するけど、わかってると少し気持ち楽かなと。

20160425_g01

 ・Aタイプは、身体能力が優れている人。最初から音を出しやすかったり、体力があって疲れにくかったりして、目標に集中してスキルアップができる感じ。初期のパラメータが高めのキャラですね。
 ・Bタイプは、身体能力がわりと低めスタートな人。音を出すのに苦労したり、基本を身につけるまでにけっこう大変な思いをしがち。筋トレしたりして体を作ることができれば、初期の伸び悩みを早く脱することができる感じ。大器晩成キャラですね。

 で、最初の一年は、周囲がそれぞれのタイプを把握して、あれこれしてくれたりするので、それに乗っかっていければいいわけですが。
 次の年からは、自分で意識的に取り組まないといけなくなってきて、ここで悩んだりすると思うのですよね。

 で、それに加えて、表現するってどういうこと?っていう、曲作りについてのあれこれも、抱え込むことになる時期ですし。
 スキルを伸ばすって、大変。何から手をつけようかと、外から見てる私もいつも思いますし。

 二年次の伸び悩み・停滞期って、そういうことだと私は思っています。

20160425_g02

 ↑こういう感じ。

 「心・技・体」、この三要素が組み合わさっていくことで成長していくと思うので、何が足りてないか、考えてみるのもいいのかも。
 成長曲線って、階段状なので(上の図参照)。
 どこで何が突破口になるかが、ほんとに様々なので、どのタイミングで何をしていいかさっぱりなことの方が多いんですけどね。

 なるべく、階段状の水平ラインを短くできれば、いいんですが。
 
 でも、一週間くらい楽器に触らなくて、いきなりやったら上手になってた、ということもあるので、考えすぎてたり構えすぎてたり、そういうのも、たまに原因だったりするのかも。意識のしすぎというかw

 傾向として、Aタイプは身体能力のアドバンテージが次第に使えなくなってくるので、技術と感性を意識的に伸ばす(ここが難しいのだけど。音色や細部に気を使えるようになるとか)方向を。
 Bタイプは身体能力をあげたら、同じく技術と感性を。ただ、なぜかBタイプは感性面で優れてて表現欲を持った人が多い(個人的感想)、技術を伸ばせばなんとかできちゃう感じもする。

 今の箏女子だと、極端に分ければ、果実さんがAタイプ、貝さんがBタイプかな。
 …と、果実さんを見てて、思ったので以上を書いてみました。

 フレーズのつかみ方とか、あんまり突っ込んで言わなかったけど。もう少し細かく分解できるようになると、もっと聴き映えする音になりそうだったな。音量はあるんだけど、全部まじめに弾きすぎてる傾向。骨組みを理解できれば。
 来てくれてたルナちゃんも、時々気にしてるとこあったっぽいから、そのうちきいてみるといいかも。
 貝さんはやっぱりまだ指の力が足りてないから、絃の張力に負けない力でやれるようになるといいなーそこはお手伝いできないから自分でがんばれw

 

 あと、これはまた違うタイプ分けなんだけど。
 運動部だった子は、動作を見て理解する(させられる)ことに慣れてる気がします。特に、球技系。ボールの移動とか、動きの奥行きもきちんと見てるから、動作を3D的にとらえられるというか。
 見て理解するのが苦手なタイプは、言葉で説明するんですが、どの言葉を使うと理解しやすいか、考えながらやらないといけないので、けっこう頭を使いますw できるようになるまで、いくつか言葉を換えつつお互いが試行錯誤、一番苦労するのここかも。

 新しく入る子がどんなタイプかわかんないけど、全員一律で扱うとかえって大変かもなーと思ったりもしたので。というメモでした。

 私用がずれ込んだので、今月末時間空いたんで、また段ボール片付けに行きます…すまん

|

« twitterのヘッダー、さくら縮緬【和風】 | トップページ | twitterヘッダー・スノードロップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129339/63535057

この記事へのトラックバック一覧です: タイプ別成長曲線。メモ:

« twitterのヘッダー、さくら縮緬【和風】 | トップページ | twitterヘッダー・スノードロップ »