« 年賀状素材集 | トップページ | お休み »

2013年10月14日 (月)

曲リーダーチャート作成途中

 曲リーダーチャート用項目整理。(作成中)

 ベースメモ:曲リーダーの仕事(事前準備のぞく、合奏に関してのみ)は何か、演奏者でありながら指揮者(指示指導)の役割をどう担うか、演奏しながら聴くことの訓練方法、聴いて判断するための要素・とっかかりは何か。

 合奏中の曲リーダーの仕事とは。

・各プレイヤーの動きをチェックし、読譜の際にあらかじめ指示した役割を曲中で果たせているかどうかを確認する。
・役割別に動きがそろうように調整。しっかりとしたベース+しっかりしたメロディライン、曲中の流れはピッタリそろっているというのが理想。
・演奏しながら聴ける状態というのは、自分の経験からするとほぼ自動演奏レベル(耳に集中すると楽譜を追う方がおろそかになるため暗譜に近い)(片耳を自分の演奏に、もう片耳を周囲の音を聴くのに使うイメージ)
・合っていないとき、納得いかないときは、何が原因かを自分の聴いた範囲で探らねばならないので、どれだけ聴く余裕が持てるかが重要。
・聴く余裕がないときは、個人練習の人に少し聴いてもらう。発表ではないので人数はいなくても可。

 探るときのポイント。
・タイミングが合っていない、音のピッチが合っていない(箏は押さえの深さ・速さと放すタイミングも注意)、フレーズの形・アクセント・強弱がそろえてとれていない、休符のとり方が違う(=拍感の差違)
・プレイヤー同士の連携が悪い。(フレーズの受け渡し、気持ちの切り替え、歌う度合い、拍感の差違(楽器の特性として三絃はキビキビしがち、尺はぬるっと、箏はプレーヤーによってどっちかに偏る)、)
・同じフレーズでもパートによって部分的な解釈が違うと形が違ってくることがある。統一。

+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+

-呼吸を合わせるとは具体的にどうすることか(はて)

 色々迷走中。

 曲作りチャートな部分も絡んでくるので、どれくらい手を広げていいものか悩んでます。

 とりあえず、過去記事を見直していて、割とまとまってるところを置いておくね(ここ見てたら参考にしてください)
 たぶん資料渡すの遅くなるから。。。全然進まないーー

曲をどう作るのか、の判断材料。  (2010年の記事です)
曲作りという作業に対する個人的な感覚 (同じく)

過去中途半端にまとめ記事作ってたやつもあげとく。何の役に立つかわかんないけど。

【クラブ】スケジュールと進行具合【まとめ記事】

【クラブ】効率アップ・レベル上げ【まとめ記事】

【クラブ】曲作りってどうやる?【まとめ記事】

【クラブ】怒ると叱るの違い・教えるって?【まとめ記事】

【クラブ】合奏練習のしかた【まとめ記事】

 あと、こういうのも考えたりしてました。

演奏会の赤字を減らすには。

メモ:チケットさばき

打ち上げで考えたこと

 超ついでに、去年の演奏会のメモ。裏方について。

演奏会

|

« 年賀状素材集 | トップページ | お休み »

コメント

いろいろお疲れ様です。
ひとつ思ったことがあったのでコメントしておきます。
必要なければ無視してくださいー

・演奏しながら聴ける状態というのは、自分の経験からするとほぼ自動演奏レベル(耳に集中すると楽譜を追う方がおろそかになるため暗譜に近い)(片耳を自分の演奏に、もう片耳を周囲の音を聴くのに使うイメージ)

ってあるんですが、個人的なイメージは
あわせている曲と自分がひいている音があるとすると、自分の一番聞こえる(近くにあるもの)はあわせる曲であって、自分のフレーズはその奥に聞こえてくる(遠くにある)って感じです。たぶん伝わりづらいと思いますが・・・。
だから、奥から聞こえてくる自分の音を全体に合わすって感じです。このときにはほかの演奏がちゃんときけてるような気がします。自分のフレーズは暗譜してないと無理だとは思いますが・・・ここは共通していると思いました。

実際は自分で拍取るのがいやだから周りに合わせたほうが楽だっていう考えから来ている考え方ではあると思いますが。

ちょっとだけいってみましたー

あと、曲を作るときは自分が指揮するならどういう指示を与えるかって言うのを考えながらってとこでしょうか・・・。

投稿: 発電所勤務の人 | 2013年10月14日 (月) 20:03

(ipadだとなぜかこのスペースでスクロールできないのでいったん送信しますね続きは後で書きますごめん)

コメントありがとうですー

自分が合わせるのはもちろんなんですが、それをしていても全体として合ってないと感じる時はどう修正をかけますか?
どこを聴いて判断しますか?

実際の作業として、合奏を効率良く進めるために、リーダーが合っていないと感じる時にどのように対処していくか、パターンを考えているところなので、もしそういう時に優先順位的にどうするか、とか、あったら教えてもらえたら助かります。

投稿: 久我沢ひなた | 2013年10月14日 (月) 23:38

毎度さんです。
(毎度さんですって方言なのかしら?w)

とりあえず,先週からNonちゃん(海原尺)の音を徹底的に見直していますが,教える側の技量がアレなんで中々…。もう少し頑張ります。
尺曲はふたを開けてみると譜読みが不足していたので(驚きましたが),交通整理からです。

自分は曲リーダーをまともにやったことがないですが,曲の完成イメージを描いて,それに沿って出来ているか,出来ていないならどこがダメなのかを考えています。
曲の完成イメージを脳内再生しながら演奏するというか,カラオケで歌っている感じというか…自分の演奏とイメージを二重で再生する感じといえばいいでしょうか?
そこで,乖離した部分が問題の箇所と分かるかなと。先に完成イメージをしっかり作っておかないとできないですが。

投稿: カニの人 | 2013年10月16日 (水) 00:16

(ひなた先輩場所借りてすみません)
カニさんカニさん(いつのまにカニさんになったの?)、Nonちゃんは単音なら結構いい音吹けると思うんだよ。少なくとも一人でぼーって吹いてるときはちゃんと鳴ってるよ。だから曲へのつなぎが問題なんじゃないかと思ってるんだけどどう思うかね?
(音づくり中は指導者が複数いるとかえって迷走するから僕からはしばらく指示しないことにします。)

投稿: み | 2013年10月16日 (水) 10:08

すいません,どこへ書いたらいいのかわからないので私もここに書きます。

 僕もNonちゃんは苦手な音ももちろんありますが,単音ならきれいな音を出しているように思います。本人の話を聞いても曲になると音が出ないと話していたので,曲をフレーズに区切って,「ここからここまで吹いてみようか」というようにワンフレーズをしっかり吹けるように見ています。そこでおかしいところがあったら,止めてその箇所を集中的に練習する,というような感じですね。あとはこれはまだ手を付けてないですが,曲の一音目からしっかりと吹けるようにしなければ…とも思っていますが。

他に何か有効な練習法があったら教えていただきたいです。

ちなみに本職はカニなんですよw

投稿: カニさん | 2013年10月16日 (水) 18:02

ここのスペース好きに使ってよいですよー!w

絃の方もうまく進むようにやっぱりなんかしておいた方がいいのかなー;(現在放置中につき)

尺さんうまくいきますように。

投稿: 久我沢ひなた | 2013年10月17日 (木) 10:47

>ひなた先輩
それではお言葉に甘えて伸ばします。

むしろ一小節ずつやったらいいんじゃないかな。一小節の一音一音を彼女が吹ける最高の音で吹く、という練習。いまは音量も足りてないから全部フォルテで。ある小節がクリアできたら次の小節にすすみ、それも出来たらその2小節を続けて、と。フレーズ感とかは悪くないから、ちゃんと音が出るようになったら結構解決すると思うんだ。

曲の一音目って吹き始めのことだよね。他のどんな練習のときにも最初は「吹き始め」だよね。だからどんな練習の時にも常に吹き始めの一音を出せるように自信を持って構えて体をつくることを意識したらいい。ウォーミングアップだろうと曲だろうと合わせだろうと本番だろうと、技術的には吹き始めであることには変わりない。もうひとつはなるべくポイントを広くとっておいて、多少ずれても音が鳴らないってことはないようにしておく、かな。以上は僕が一音目対策でやってたことです。

投稿: み | 2013年10月17日 (木) 13:44

尺さんがんばれ尺さんがんばれ。
カニさんがんばれカニさんがんばれ。

…私はがんばらない!!(←

投稿: 久我沢ひなた | 2013年10月23日 (水) 14:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129339/58385055

この記事へのトラックバック一覧です: 曲リーダーチャート作成途中:

« 年賀状素材集 | トップページ | お休み »