トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

2005年8月25日 (木)

lomoのFish Eye・・・。

 伊勢神宮に行ったときのフィルムをようやく出しました。もう楽しみにしていたのに!!

 天気が雨だったり、室内でフラッシュなしで撮ったりしたせいで、あんまりうまく写っていません・・・!画面がざらざらして、暗いのを無理無理明るめに焼いてくれたみたいでした。。。うーん普通の使い捨ての方が性能がいいのでは?(泣)

 でも魚眼レンズのカメラを初めて使ったので、不思議な写りにちょっと感動。

 今度は晴天の日に花でもアップで撮ろうかな?すごく派手な色の花だと色写りが良さそうな気が。(海でもいいなぁ・・・すでに妄想)

 今度のお休みは月に一度の連休なので!実家に帰ってネコでも撮ってきます!

 テレビでずっと台風の中継をしています・・・。関東地方の人はちょっと心配ですね。夜のうちに抜けていくといいんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうがん汁

 とうがん汁の作り方を教えて、とUセンセに頼まれていたのを今日まで放置(・*・;)今日こそは・・・

 まず材料から。アバウトです。たぶん3~4人前です。

 とうがん 1/4位、干し椎茸 適当(2.3個?)、インスタントだし 適当(小分けパックの半分位?大さじ1位?)、豚肉薄切り 100~200g位(お好みで!)、にんじん 1/2位、薬味ネギ 適当(1/2位~?)。豚肉用に料理酒 大さじ2位(適当に。)、片栗粉 半カップ位(・・・もあったら十分でしょう)。味付け用に 適当、お醤油 適当。

 あれば、キクラゲやお豆腐やちくわなどの練り物とか、彩りにサヤエンドウとかインゲンとか入れてもいいかもしれません。鶏肉を使うとあっさりした感じになります。その場合はショウガをお忘れなく。

 作り方です。これまたアバウトです。

 1, お鍋にお湯を沸かし始めます。だいたいで人数分くらいをお椀でくむと、ちょっとお代わりができるかもしれない、位になるかもしれません。

 火にかけたら、インスタントのだしを投入しておきます。

 2, 材料を切ります。

 とうがんは皮を厚めにむいて、種のあるところをとります一口大の大きさ(厚さは5mmくらいで大丈夫です。)に切って、お鍋にどんどん入れていきます。

 ここで、お鍋のお湯をすくって、干し椎茸を戻し始めます。お湯だと早く戻るので、楽です。

 にんじんは、皮をむいて、好きな形に薄切りにします。(私は半月切り=輪切りの1/2にしちゃいます。)これまたどんどんお鍋に入れます。

 干し椎茸が戻る間に、薬味ネギを刻んでしまいますタッパか何かに入れて、冷蔵庫に保存します。

 干し椎茸を引き上げて、戻し汁を茶こしか何かで漉しながらお鍋に入れます。干し椎茸本体は、石突き(足ですね)を切り、薄切りにします。お鍋に入れます。

 豚肉をボウルに入れ、料理酒を回しかけ、少し手でもみます。そこへ片栗粉を少しずつ入れて、まんべんなく混ぜます。かなりべったりした感じになりますが気にしない・・・。

 お鍋を沸騰させて、その中へ豚肉を広げながら一枚ずつ入れていきます。片栗粉をまぶしてあるので、あまりアクは出ません。

 3,味付けは、まず塩味をつけます。好みの塩加減になるように、味見をしながら少しずつ入れます。だいたい味が決まったら、お醤油で風味付けをします(薄いダシ色位を目安に、入れすぎないように!)

 とうがんがだいたい半透明になったら、できあがり(煮え上がり?)です。火を止めます。

 4,盛りつけて、薬味ネギを散らします。

 あつあつでも、ぬるめでもおいしいです。冷やすと豚肉から出た油が固まって浮くので、保存時以外は冷蔵庫は使わない方がいいかと。。。毎日火を入れれば3日位保つので、私は鍋一杯作ることもありますよ☆

 二日目はちょっとだけあたためて、そうめんを入れても。三日目はあつあつで汁かけ飯に・・・というのが私のパターンです。

 とうがん自体は日持ちのする野菜なので、ラップして冷蔵庫に入れれば1週間くらいは余裕で保存できます。一個まるまるなら、台所の床に転がしておいて大丈夫。ちなみに実家の台所には新聞紙の上にいろんな野菜が転がってます(笑)夏場は収穫の嵐なもので(笑)

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年8月18日 (木)

伊勢&赤福氷。

 行ってきましたよ~食べてきましたよ~(^-^)

 まずは雨が降ったりやんだりの中、伊勢神宮に参拝して、それからおはらい町通りとおかげ横町へ。

0817_manbou   干物屋さんの店先にかかっていた、文字通り看板マンボウ。でも売り物の中にマンボウはなかったようでした。伊勢の人はマンボウ食べるんだ?とちょっと興味があったのですが。

 ちなみに帰り道に別の店で買ったのが、 「さめのたれ」。

 私はさめが切り身で食べれるとは思ってもみなかったので、すごいカルチャーショックだったのですが、伊勢の友達は、「さめって食べないんですか?伊勢だけ?みんな普通に食べているものだと・・・。」とかなり驚いたようで。お互い驚きあって、ひとつ異文化交流ができました(笑)

0817_tekone  お昼は、てこね寿司と、伊勢うどんと、カレー伊勢うどんをとりかえっこしながら食べました。写真は私の頼んだてこね寿司セットです。(右上がてこね寿司、左下がミニ伊勢うどん。お吸い物と揚げ出しナスと、ゴマ豆腐が付いています。)

てこね寿司↓ 作り方のってます。

http://www.piconet.co.jp/magazine/recipe/bkno.cgi?id=15

 伊勢うどん↓ ちょっと面白い・・・。

http://www.arashima.com/udon/

 さてそこからおみやげ物屋や雑貨屋をのぞいておなかを減らし、向かったのが赤福本店。本日のメインイベント、赤福氷です。

akahuku_ice_  かき氷は抹茶、その中に赤福(*注)が隠れています。が、普通の赤福は、あんこの中にお餅が包まれているのですが、これはちょっと違うんです。あんこのなかには・・・?その数も・・・?この微妙ーなこだわり!しかしおいしい!真夏の真っ昼間には最高です。

*注・・・伊勢の☆空☆さんに指摘を受けましたが、ほんとはあんこです。中には何も入っていません。なので、お餅の入った「赤福が入ってる」わけではありません。友人が食べに行くということだったのであえて紛らわしい表現でだまそうとしてしまいました(笑)お詫びして訂正いたします。

 追記: 昔は赤福がそのまま入っていたと相棒に聞きました。わたしも白玉を発見した時点で「あれ?赤福のはずでは?」と密かに思いました。。。やっぱりそのままずばりの赤福氷が食べてみたかったなぁ。指摘してくださった☆空☆さんもそっちの方がおいしかったと書いていらっしゃるので・・・。

0817_kyuuri  そして甘いものの後に良さそうなモノを発見。

 浅漬けのキュウリを串に刺してあります。真夏の塩分補給にもいいかもしれません。買わなかったので(おばちゃんごめんなさい)、味がどうだったかはわかりません。

 そして様々なおみやげを手に家路についたのでした。

 楽しかった!

 一日運転とガイドをしてくれたTっち、ありがとう!一緒に遊んでくれたUセンセ、また遊びに来てくださいね! 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年8月15日 (月)

lomoのfisheye

 かわいいパッケージでロモのフィッシュアイが本日到着致しましたよ〜(嬉) 相棒はを作れるなるものを購入。どんなふうになるんだろう?早く見たいよ〜わくわく。でも帰ってくるまでおあづけです。

20050815170956.jpg

http://www.lomography.jp/lomography/microsite/fisheyejp/ 

 ↑lomoのfisheyeのページ。面白いですよ!猫の写真がイイ感じです。

 相棒がレインボーメーカーを開けました。どうやら窓に吸盤でくっつけて、スワロフスキー社製のクリスタルで太陽の光を分光して(理科の時間にみたプリズムですね)、虹を作る、というもののようです。

http://www.outride.jp/rm/rm03.html

 ただ、今は夏なので、直射日光が部屋の中に入る時間はほとんどなくて、すぐに試せないのが・・・。

 説明書には、朝起きたらお部屋が虹で満たされているかも?起きるのが楽しくなりそうですね、と。それはかなりきれいそう・・・東向きの部屋で窓のある方、試してみてください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カメラ日和

 最近はあまり雑誌を買うことがなかったのですが、つい衝動買いしたものがあります。

 『カメラ日和 vol.3』。

 もともとカメラが好きだったのですが、ハード的な雑誌は多く出ているのになぁ・・・。とちょっと思っていたところだったのです。カメラの楽しみ方、雰囲気のある写真、そんなものがメインで扱われている雑誌で、オリジナルの個展のリポートとか、写真をプリントをした布で小物を作るとか、そんなかわいい記事がたくさん載っていました。今までこんな雑誌に気づかなかったなんて!とちょっと悔しい気もするくらいでした。

 そしたら一緒のお店で働く仲間が、なんと同じ雑誌を買っていて、なんとなんとバックナンバーも注文したということで。そして持ってきて貸してくれました。それもかわいい!すごい!

 いろいろ撮りためて、いつかこんなかわいいカフェやギャラリーで個展をしてみたいなぁ。ただ飾るだけでなく、いろいろ楽しい仕掛けみたいのを作れたらいいなぁ・・・。でも私は手でものを作るのが苦手なので、そういうのが得意な人に仲間になってもらって(笑) 

 今はまだ暑いので、もう少し涼しくなったら、カメラをお供に歩き回りたいなぁ。がんばろう、と思った雑誌でした。

http://www.camerabiyori.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海つながりと言うことで。

deep_blue 最近見た映画の中で、一番すごい!と思ったのが、「DEEP BLUE」という映画です。

 CGかと思うくらい美しい映像は、なんと7年もの月日をかけて撮影されたものとか。ものすごい迫力に圧倒されます。自然界の掟をいくつも目の当たりにすることで、生命というものを、体感させられる、といったらおかしいかもしれないですが、身に迫ってくるものを感じます。

 HPで登場する魚の種類や美しい映像の一部を見ることができます。

 http://www.deep-blue.jp/

 レンタルももう出てるので、興味のある方は探してみてください。

 音楽もすごいいいですよ~私はカニのシーンが好きです(笑) たぶん撮影した人も楽しんで撮ったんじゃないかと思いますが、そのカニの動きにぴったり合った曲がまた素敵で(笑)なんとも顔がゆるみます。

 タイトルどお りの美しい青に、暑さを忘れられるかも。そんな映画です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年9月 »